新所員入所

新所員入所

縁あって…

4月に、新所員が入所してくれました。

久々の20代に、フレッシュ(←言い方が古い・笑)な空気感があります!

ゆとり世代?と言うのは世間の風潮ですが

そういった事は感じられない人物です。

まだ、2か月ちょっとなので、わからない部分は沢山ありますが

これから先が楽しみです。

 

思い返せば

二十年前…私も20代でした…

今や、頭も体も衰え、へとへとな感じです…

20年前の私は、

設計業務のなんちゃらもよくわからず(本当に)

遮二無二、『建築』に触れようと頑張っていました(多分)

いろいろな建築物を見学に行ったり(多分)

本もよく読んだものです(多分)

 

弊社の本棚に『スケッチで学ぶ名ディテール』という本があり

その本には、菊竹清訓事務所の副所長でありました遠藤勝勧氏が

菊竹事務所で学んだ事など書いてあるのですが

現場100回とは良く言ったもので(←警察官?)

建築設計をするにあたり、実際に現場に行って見て、測って、自分のものにする

そんな内容なことが書いてあります。

名ディテールといわれるものには、必ず設計者の意図があるので、読み解くのも

楽しいですよね。

 

どうぞ、これからの建築界を背負っていく若者たち

手描きも薄れ、CADでちゃっちゃと図面を描き、スケッチもせず、

自分で見ることも触れることもなく、ディテール集をみてホイホ描いちゃお!

てな感じにならないで欲しいです。

すべての事に疑問を感じ?(←行き過ぎ)

このディテールはなぜそうなったんだ?

私じゃこうするのに!

建築設計をしていってくれると嬉しいです

私の主観なので、他の人はそうおもわないと思いますが・・・

 

建築は楽しい!建築はおもしろい!

面倒なことばかりが山積みな毎日ですが・・・